【特別講義最終回】あなたのワンコが問題犬ではなくなる”主従関係の極意”


あなたが「リーダー」となって、主従関係を築きましょう!

「主従関係」が構築できていないと、ワンコはその”本能”から、例え小さい体であっても、「自分がリーダーになって家族を導かなきゃ!」と考えます。

そうなると、その子の中で独自のルールが出来上がり、それに違反するあなたに対して吠えたり、噛みついたり、といった問題行動を起こすのです。


また、リーダーになる事はワンコにとって、大きな”負担”となります。

リーダーとなった犬は、自分が作り上げたルールをもとに、群れ(家族)を従わせようと”頑張っている”ことがほとんどです。

あなたにとっての「犬の問題行動」は、犬にとっては「あなたを守るための行動」なんです。


リーダーになった犬はとても強い”ストレス”を感じています。

「寿命や体の健康にも少なからず影響が出る」と想像するのは、難しいことではないでしょう。

だからこそ、「主従関係」を構築し、飼い主であるあなたが”安心”と”信頼”を与えられるリーダーになってあげてくださいね。